無料ブログはココログ

« 裁判員裁判初の「区分審理」 複数の事件、まとめて量刑 | トップページ | 2002年4月28日(日)の日記(158日目)  »

刑務所の歌姫熱唱 新温泉町の善住寺

新温泉町熊谷の山寺、善住寺(山地康照住職)で25日、50年に一度の「御本尊御開帳大法要」があり、大勢の人が訪れた。「刑務所のアイドル」として知られる女性デュオ「Paix2(ペペ)」が境内でコンサートを開いて、記念の日を祝った。善住寺は999(長保元)年に覚増上人が開いたとされる由緒のある寺だ。この日は檀家をはじめ千人を超す参拝者があり、50年ぶりに開帳された御本尊の「金剛界大日如来」に手を合わせていた。11月21日まで御開帳される。コンサートは大法要の後に境内の特設舞台で開かれ、100人以上の人が聴き入った。ギターやフルートの演奏と歌声があたりの山に響き渡り、テンポのいい曲では客席も手拍子で応えていた。

2人は2001年のメジャーデビュー以降、刑務所を慰問し、矯正を目指す受刑者を励ます活動を続けている。この活動を通じ、同年代の女性ファンから「家族で刑務所に服役する父に面会に行ったことで、許せなかった父とともに家族で罪を背負って生きようと思うようになった」
というメッセージなどを受け取っているといい、この日のコンサートで披露された。また、看護師経験があるMegumiさんは大勢の死に立ち会い「人の一生は生き様であり死に様なんだなあ、と思う」と語りかけた。歌い終えた2人は「お客さんも温かく迎えてくれて、楽しく歌えた。自分たちも浄化されたような気がします」と笑顔で話していた。
(朝日新聞兵庫版 2010年04月26日)

« 裁判員裁判初の「区分審理」 複数の事件、まとめて量刑 | トップページ | 2002年4月28日(日)の日記(158日目)  »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 刑務所の歌姫熱唱 新温泉町の善住寺:

« 裁判員裁判初の「区分審理」 複数の事件、まとめて量刑 | トップページ | 2002年4月28日(日)の日記(158日目)  »